16春闘 年間一時金 94社の平均額は133万310円 本紙調べ

2016.04.12 【労働新聞】

 今年の16春闘で、賃金と同時に回答・妥結した業界大手を含む中堅・中小企業における年間一時金16春闘の水準を本紙が調べたところ、収集できた94社の平均額は133万310円となり、132万5435円(89社)だった前年を4875円上回っていることが分かった

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年4月11日第3060号1面

あわせて読みたい

ページトップ