【特集1】リーダー層を核に 安全考動改革 「話込み」通じて本質的な活動へ 東レ㈱千葉工場

2018.05.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

歴代工場長の“安全の心”伝える

 39年間の無災害が続いている東レ㈱千葉工場では、トップダウンの安全管理とボトムアップの安全活動が融合し、潜在危険の撲滅へ向けた安全活動が続けられている。現場のリーダーである掛長・主任層を核とした安全意識・考動改革では、本音で意見を交わす「話込み」を通じて課題解決に向けた安全活動を考えて実行した。さらに管理職と従業員との対話を重視した赤ヘル対話パトロールや想定ヒヤリをもとにした安全提案、類似災害防止活動、重点3Sキャンペーンなどの安全活動を継続し、安全の現場力向上を高めている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月15日第2306号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ