1年目の離職防止へ 研修センター店を開設 串カツ田中

2018.04.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 全国1000店態勢をめざし出店を拡大している㈱串カツ田中(東京都品川区、貫啓二代表取締役社長)は今月11日、東京都内に研修センターを兼ねた店舗を開いた。本配属前の新入社員に、ロールプレーイング(写真)や実際の業務を経験させて、調理や接客に関する必要なスキルの習得を促す。

 これまでは入社後すぐに各店舗に配属し、そこでOJTを実施していた。初期の指導を丁寧にしつつ、同期の横のつながりが深められる研修センターの開設によって、高率だった1年目の離職率を下げたい考え。

 顧客サービスとして、ドリンク価格を通常店舗より抑えた。

平成30年4月23日第3158号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ