リスクアセスの優良事例を紹介 厚労省など3省庁

2018.04.10 【労働新聞】

 厚生労働省、経済産業省、消防庁は、石油コンビナート関連事業場22社によるリスクアセスメント優良事例集を作成した。すべての企業において、リスクアセス実施が重大事故の可能性低減や現場作業員への教育効果など、何らかのメリットがあると指摘している。

 リスクアセスを効果的に実施できた要因には、安全に対する経営陣の意見発信や関係部署の連携などが挙がっている。

掲載 : 労働新聞 平成30年4月9日第3156号1面

あわせて読みたい

ページトップ