専門性生かし配置を 高度外国人材活用で事例集 厚労省

2018.04.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、高度な技術や専門的知識を持った高度外国人材の採用・定着に向けて魅力的な就労環境を整備している企業の雇用管理改善事例集をまとめた。専門性を生かせる部門への配置・異動や相談体制の充実、キャリアアップできる環境整備などについて、15社の事例を紹介している。

 従業員数約2500人の製造業のケースでは、専門性の高い研究開発部門に配置することを募集・採用の段階から明確化し、高度外国人材にアピール。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月2日第3155号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ