メンタル不調者・特例子会社で復職支援 10日間かけ自信回復 西部ガス

2018.03.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

円滑な復帰と再発防止へ

 西部ガス㈱(福岡県福岡市、酒見俊夫代表取締役社長)は来年度、メンタルヘルス不調者が職場復帰する前に特例子会社で仕事に慣れるよう取り組む「リワーク事業」を開始する。10日間かけ、オフィス支援業務や、講義の“講師”を務めさせることで自信を付けさせ、円滑な復職と再発防止をめざす。復職者を受け入れる職場の負担減にもなる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月12日第3152号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ