孤独・疎外感高まる テレワークで自殺対策見直し 厚労省

2022.03.11 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省の自殺総合対策の推進に関する有識者会議(椿広計座長)は、令和2年の自殺者が新型コロナウイルス感染症の影響で11年ぶりに前年を上回ったとし、自殺総合対策大綱を見直す方針を打ち出した。とくに、女性や小中高生の若者の自殺者の増加に着目している。

 現行の第3次大綱は平成28年4月1日に策定された。今回、新型コロナウイルスの影響や、若者・女性の自殺者数の増加など、喫緊の課題への対応も含めて大綱の見直しを行う。

 勤務関連では、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年3月14日第3344号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。