異文化理解力が必要 ハラスメント対策テーマに クオレ・特別講演会

2014.06.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 メンタルヘルスやハラスメント対策の総合サービスを行う㈱クオレ・シー・キューブ(東京都新宿区、岡田康子代表取締役)は、経団連会館経団連ホールで創立25周年記念特別講演会を開催した=写真。企業向けに演劇ワークショップなどを手掛けている劇作家・演出家の平田オリザ氏が「演出から学ぶ職場マネジメント」と題し講演を行っている。

 平田氏は、これからの人材に本当に必要なものは語学力ではなく「異文化理解能力」と指摘。異質な他者と渡り合える作法を身に付けることは、ハラスメントのない職場づくりにも通じるなどとした。

平成26年6月16日第2973号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ