「同一労働同一賃金」実現へ 専門家による検討会がスタート 厚生労働省 

2016.04.12 【労働新聞】

 厚生労働省は、「同一労働同一賃金」を実現する具体的な方策を探るため、学識経験者などの専門家による検討会をスタートさせた。どのような賃金格差が正当でないと認められるかなどについて、早急にガイドラインを制定していく意向である。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年4月11日第3060号1面

あわせて読みたい

ページトップ