設備老朽化で死亡災害増 鉄鋼業に向け劣化度基準示す 厚労省が自主点検要請

2016.03.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、今年に入り鉄鋼業での死亡災害が多発傾向にあり、通路や昇降設備の老朽化が直接の原因とする労働災害が目立つことから、製鉄・製鋼・圧延業で労働者50人以上の事業場を対象に安全管理と経年設備に関する自主点検の実施を要請した。設備・施設に付属する運転室や通路、昇降設備などで、設置から30年以上経過し、地上2m以上の位置にあるものが点検対象になる。「劣化度判定」の基準を明記し、立入禁止や経過観察などの措置を求めた。経年設備に関する自主点検は5月末までに実施するよう促している。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年4月1日第2255号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ