【今週の視点】「非正規目線」で安全対策を

2018.03.08 【労働新聞】

労働弱者の事故増加 求められる重点シフト

 平成30年度は、3年に1度の労災保険率改正の年であると同時に、5年サイクルで定める災防計画の初年度にも当たる。労災保険率は低下が続いているが、死傷災害件数そのものは減少テンポに鈍化傾向がみられる。高齢者・障害者・外国人など、フルタイム・長期雇用の正社員と異なる労働者グループに対して、それぞれの特性を考慮した対策が求められる。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年3月5日第3151号7面

あわせて読みたい

ページトップ