【賃金事例】ファンケル/店舗の全契約社員を無期化

2018.02.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

年間賞与2.7カ月に引上げ 地域限定区分設ける

 ㈱ファンケル(神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員 CEO 島田和幸)は、4月から店舗スタッフ向けの雇用区分「地域限定正社員」を新設し、現在は契約社員として働く約1000人を全員移行させる。従来の1日7時間勤務、転居を伴う異動がない働き方は変えることなく、1年ごとに更新していた雇用契約を無期とするもの。接客スキルを評価し、全5階層に格付けているキャリアクラス制度の仕組みは維持したまま、年間休日を113日から120日に増やし、処遇面では年間の賞与月数の平均を1.9カ月から2.7カ月に引き上げる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年2月19日第3149号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ