【今週の視点】確定拠出年金 定期的な経済教育を

2018.02.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事業主の努力義務に 未実施リスク高まる

 企業型確定拠出年金の加入者に対する継続投資教育が、配慮義務から努力義務へ格上げになる。例外なく実施される導入時教育に比べるとその後の取組みには温度差があり、4割の導入企業が最近3年間は未実施とのデータもある。未だに十数年の運用期間しか経ていないことを踏まえれば、将来起こり得るリスクも見据えて定期的な教育を実現したい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月19日第3149号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ