愛知経協が介護離職防止へ手引作成  6ステップで態勢整備促す 

2016.03.31 【労働新聞】

 愛知県経営者協会(清水順三会長)は、仕事と介護の両立支援に関するガイドブックを作成した。両立支援の態勢構築の方法を6つのステップに分けて説明、第1ステップとしてアンケート調査などで実態を把握し、続くステップで介護前・介護中の各期間におけて提供すべき情報などを解説している。介護離職で人材を喪失するリスクが高まるなか、対応の進まない企業が約6割に上る実態が明らかになったことから作成に踏み切った。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年3月28日第3058号3面

あわせて読みたい

ページトップ