【今週の視点】融資条件の人減らしを懸念

2018.02.14 【労働新聞】

銀行が人材紹介へ 働き手置き去りの危惧

取引先企業に対する支援や手数料収入の確保を目的に、銀行本体が人材紹介業務に正面切って乗り出しそうだ。しかし「借り手」に対して優越的地位にある銀行が、融資を条件に余剰人員のカットを迫るなどの懸念が拭えない。「顧客本意」を前面に掲げる銀行だが、顧客の企業に人減らしニーズがあれば、働き手の意向をよそに取引が進んでしまう可能性がある。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年2月12日第3148号7面

あわせて読みたい

ページトップ