7団体協力し健康経営増進 新潟県で相互協定

2016.03.21 【労働新聞】

 新潟県の経済5団体と全国健康保険協会新潟支部、健康保険組合連合会新潟連合会の計7団体は、従業員の健康管理を経営的な視点で捉え実践していく「健康経営」を連携して推進するため相互協定を締結した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年3月21日第3057号3面

あわせて読みたい

ページトップ