設備老朽化で死亡災害多発――厚労省・鉄鋼業界などに自主点検要請

2016.03.21 【労働新聞】

 厚生労働省は、鉄鋼業などにおいて生産設備の老朽化による死亡災害が多発傾向にあるとして、同業界事業場に対し今年5月までに自主点検を実施し、必要な対策を実施するよう要請した。設置から20~30年以上経過した生産設備が増え、腐食・劣化が進展している恐れがあるとし、通路や昇降設備などの状況把握をして劣化度判定する。通路の腐食による墜落災害、ボルトの劣化を原因とする倒壊などがめだっている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年3月21日第3057号1面

あわせて読みたい

ページトップ