契約希望が30社に 大田建設協会と労組 労働者供給

2018.01.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

画像はイメージです

 東京・大田区の大田建設協会と全建総連東京都連合会による「労働者供給契約」に向けた11月の調印式を受け、協会加盟60社中の30社が、実際に職人の供給を希望していることが分かった。労働者供給の希望を募った同協会の締切り日(12月21日)時点における数値。

 労働者派遣が禁じられている建設業だが、建設雇用改善法に基づき業界内で一時的に余剰となった職人を融通し合える「建設業務労働者就業機会確保事業」と、職業安定法で労働組合にのみ実施を認める「労働者供給事業」の2つが仕事の繁閑に応じた労働力確保手段としてある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月15日第3144号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ