【今週の視点】改正職安法 悩ましい新卒者の取扱い

2018.01.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

求人ルールを厳格化 条件変更時に通知必要

 新年から、求人募集に関するルールが厳格化される。インターネット利用の広がりに伴い、不正確な求人広告によるトラブルも増加している。求人企業としては「安易な条件提示」は厳に慎むべきだが、募集情報の中には、当然、新卒者を対象とするものも含まれる。内定から就労開始まで期間が長期にわたることから、実務的には難しい問題も残るようだ。…

 

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月25日第3142号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ