【特集1】映像使った災害防止対策 転び事例を動画で再現 「クレ玉作業」のリスク抽出も/コニカミノルタ

2016.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

9-2 コニカミノルタ㈱では、日常の歩行や昇降階段で発生する転び災害と重篤な結果につながりかねないクレーン災害の削減を目指し、動画教材を使った安全衛生教育をグローバルに展開している。転び災害では「私はこんな災害に遭いました」と題し、被災当時の心理状況など再現したVTRを作成。教育時間やミーティングで活用し、安全行動への気づきを促す。クレーン玉掛け災害では、他事業場で災害が発生した作業を映像化し、有資格者を対象としたリフレッシュ教育で災害リスクを把握する感性の向上を図る。玉掛け作業を掘り下げ、安全作業の〝勘どころ〟を作業手順書に落とし込む取組みにも注目だ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月1日第2253号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ