第二新卒採用へ新奨励金 厚労省・27年度補正で創設

2016.02.15 【労働新聞】

 厚生労働省は、若者の雇用安定と待遇改善を図るため、3年以内の既卒者や高校中退者を新規に採用して定着させた企業に対する奨励金制度を創設した。奨励金の対象となるのは既卒者、高校中退者それぞれ2人までで、支給額は中小企業の場合、採用1年目に1人当たり15万~60万円とした。併せて、キャリアアップ助成金を拡充し、非正規の正社員転換に対する支給額を増額させる。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年2月15日第3053号1面

あわせて読みたい

ページトップ