中小で女性活躍進む 「えるぼし」取得数が増加 厚労省

2018.10.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中小企業で女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定の取得が拡大――厚生労働省は、平成29年版「働く女性の実情」報告書をまとめた。

 今年6月30日現在の企業の取組み状況を明らかにしたもので、一般事業主行動計画の届出が義務付けられている労働者301人以上の企業における届出率は98.1%だった。一方、届出が努力義務である300人以下企業の届出数は4711社で、同法施行当初の724社から大幅に増えた。

 届出企業のうち、取組みが優良な企業を対象とする「えるぼし」認定を取得しているのは630社。内訳は、301人以上企業が483社、300人以下企業が147社となっている。認定企業に占める300人以下企業の割合は23.3%に上り、28年6月時点の6.7%から大きく伸びた。

平成30年10月8日第3179号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ