クレーン協会へ安全点検を要請 長崎労働局

2013.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 長崎労働局(中原正裕局長)は日本クレーン協会長崎支部宛てに、クレーンの安全な使用を徹底するよう要請した。

 長崎労働局管内では、昨年クレーンによる災害が43件発生。今年3月1日には、クレーンの吊り荷が玉掛け用具から外れ、作業者が荷の下敷きになり死亡する災害も発生しているという。

 要請では、不安全な玉掛け、安全装置の無効化による重篤な災害発生を踏まえ、クレーン作業のチェックリストを配布。「クレーン能力を超えて荷を吊っていないか」など安全点検の実施とともに、経営首脳者が安全の所信表明と現場巡視を行うよう求めた。

平成25年4月15日第2184号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ