労災ゼロ運動を展開 独自の目標設定求める 長崎労働局

2015.12.28 【労働新聞】

 長崎労働局(大塚崇史局長)は、平成28年1~3月の労働災害発生件数0件を目標として「アクションZERO~長崎ゼロ災運動~」を実施する。ゼロ災運動として企画を立ち上げるのは今回が初めて。参加事業場ごとに目標設定を求めるほか、独自にロゴマークを作成した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年12月28日第3046号3面

あわせて読みたい

ページトップ