改正予定JISを紹介 機械の安全規格で講演会 日機連

2013.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈳日本機械工業連合会は2月18日、東京・渋谷区の津田ホールで機械の安全規格に関する講演会を開催した。

 講演では、㈱エヌ・エス・エスのシニアセーフティエンジニアを務める内藤博光講師らが、今年中に改正が予定されている機械の安全性、人体部位の接近速度、安全距離などのJISについて最新の動向を紹介。また、明治大学理工学部の向殿政男教授(写真)が基調講演で、新しい機械や安全技術が生まれたときの対応を課題に挙げ、安全要求基準の明確化や省庁の技術基準をJISに委ねることなどを提案した。

ジャンル:
平成25年3月15日第2182号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ