「業種横断した活動に」 リスク低減運動を展開 兵庫労働局

2014.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 兵庫労働局(前田芳延局長)は2月3日、県内の関係団体を集め「兵庫リスク低減運動」説明会を開催した。兵庫県内ではリスクアセスメントの普及が見られる一方で、業種や事業場によっては取組みに差があるため、運動を通じてさらなる定着を図る。

 中島理章労働基準部長は、「業種横断的な取組みとして、リスクアセスメントを中小企業に普及し一層の災害減少を目指す」と、経緯を説明。「リスク低減」を合言葉に、全業種を見据えた取組みを展開するとした。

 説明会には、兵庫県経営者協会など46団体が出席。各団体から参加宣言を募り、3月7日には運動開始の決起大会を開催する。

平成26年3月1日第2205号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ