小規模製造業へ集団指導実施 個別訪問しコンサルティング 2000事業場対象に講義形式で 厚労省

2013.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は労働災害の増加傾向に歯止めをかけるため、新年度に製造業を対象とした安全衛生確保事業を強化する。中央労働災害防止協会を通じて安全管理士など安全衛生の専門家が2000事業場を対象に集団指導を実施し災害防止の基礎的内容を講義指導。また、800事業場へ個別に訪問し、コンサルティング形式での指導を実施するとしている。メーンターゲットとするのは従業員100人未満の比較的小規模な事業場で、安全衛生活動などに取り組む意識が希薄で、ノウハウも十分に蓄積されていないため、機械の本質安全化など含めた労災防止対策対策を進めて行く必要があるとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月1日第2177号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ