厚労次官にNCCU 「30万筆署名」提出 報酬上げて処遇改善を

2017.11.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本介護クラフトユニオン(NCCU・久保芳信会長)は11月13日、2018年の介護報酬改定が介護従事者の処遇改善につながるよう、厚生労働省の蒲原基道事務次官室に「30万1213筆」の署名を持ち込んで直接要請した。

 およそ30万筆獲得した署名の内訳は、組合員以外も含む介護従事者が約15万筆と半分を占め、3年前の前回署名時よりおよそ4万筆多かった。一方、もう半分は介護以外の業界関係者からのもので、前回のおよそ倍も多かった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年11月27日第3138号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ