幸楽苑・人手不足対策 熟練社員が店長へアドバイス 他社時給調査求める

2017.11.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「店舗支援室」などを新設

 全国でラーメン店をチェーン展開する㈱幸楽苑ホールディングス(福島県郡山市、新井田傳代表取締役社長、1105人)は、本社組織に「店舗支援室」などを設けて人手不足対策に着手した。店舗にエリアマネージャーを経験した熟練社員を派遣し、店長に対して近隣大学への求人依頼、競合他社の時給調査をしたうえでの労働条件変更など、求人活動サポートを行っていく。本部では12月からフレックスタイム制度を導入する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月27日第3138号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ