塩崎厚労相 「賃金格差開き過ぎ」 記者会見で

2016.02.10 【労働新聞】

 塩崎厚生労働大臣は、このほど開いた閣議後記者会見で、日本では正規労働者と非正規労働者の賃金格差が「少し開き過ぎている」との見方を明らかにした。同一労働同一賃金の考え方は極めて重要とした安倍総理の施政方針演説を受けて発言したもので、女性の活躍推進にとっても縮小が必要としている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年2月8日第3052号1面

あわせて読みたい

ページトップ