塩崎厚労相 「賃金格差開き過ぎ」 記者会見で

2016.02.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 塩崎厚生労働大臣は、このほど開いた閣議後記者会見で、日本では正規労働者と非正規労働者の賃金格差が「少し開き過ぎている」との見方を明らかにした。同一労働同一賃金の考え方は極めて重要とした安倍総理の施政方針演説を受けて発言したもので、女性の活躍推進にとっても縮小が必要としている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月8日第3052号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ