経団連などへ正社員化要請 塩崎厚労相

2015.11.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、経団連と経済同友会に対し、非正規雇用労働者の正社員転換・待遇改善に向けた取組みを進めるよう要請した。「正社員転換・待遇改善実現本部」の本部長・塩崎厚生労働大臣が両団体代表者に直接要請文を手交した。

 厚労省は、非正規雇用労働者を、「労働契約に期間の定めがない」「所定労働時間がフルタイム」「直接雇用」という要素を満たす「正社員」への転換を求めている。また、希望により、勤務地限定、職務限定などの「多様な正社員」への転換も必要とした。

平成27年11月9日第3040号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ