【フォーカス】朝日航洋/病気と就労の両立支援策 対処は実情に応じ柔軟

2017.10.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

病状や考え方を聴取 人事部内へ相談窓口設置

 朝日航洋㈱(東京都江東区、尾暮敏範代表取締役社長、1256人)は、私傷病の治療と仕事との両立支援に力を入れる。制度の整備よりもその運用に重きを置き、全員を一律に扱わないことが特徴だ。社員が抗がん剤治療を行う際、勤務形態を上層部が即断即決で対応し、社員が感謝した例も。うつ病などの精神疾患の社員には、担当者が地域障害者職業センターのリワーク支援に出向き、復帰の時期などを調整する。人事部内に相談窓口を設け、社員が相談しやすい態勢も整えた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月16日第3132号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ