成長分野中小を支援 評価・処遇制度導入で40万円 研修体系整備30万円 厚労省

2013.07.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

環境向上へ助成金創設

 厚生労働省はこのほど、健康・環境など成長分野に進出する中小企業を対象に、魅力的な職場づくり支援を目的とした新プロジェクトを開始した。雇用創出の中核的担い手となる成長分野中小企業の人材確保・職場定着へ向け、労働環境向上助成金の創設や好事例集の作成・普及などを進める。同助成金では、雇用管理改善につながる評価・処遇制度の導入、教育研修体系の整備などに対し30万~40万円を支援する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年7月15日第2929号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ