人事評価結果は契約更新に活用 高齢支援機構調査

2013.08.19 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 高齢・障害・求職者支援機構が60歳以上の継続雇用者の職場管理に関するアンケート調査を実施したところ、継続雇用者を部下に持つ管理職の89.3%が、継続雇用者に人事評価を行っていることが分かった。そのうちの8割の管理職は、評価結果を契約の更新の判断に活用している。

 調査は昨年11月に行い、30~59歳の管理職4092人の回答を集計。

関連キーワード:
平成25年8月19日第2933号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ