小規模企業支援を強化 全国に総合相談拠点 中企庁・平成26年度概算要求

2013.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「基本法」制定へ検討も

 中小企業庁は平成26年度、中小企業の9割近くを占める小規模事業者への経営支援施策を強化する。26年度予算概算要求において小規模事業者対策に232億円を計上した。新規事業となる「ワンストップ総合支援事業」では、財務や研究開発などの相談にワンストップで対応する「よろず支援拠点」を全国に設置するほか、支援ポータルサイトを通じて、経営相談を行える仕組みや専門家派遣を受けられる体制を整える。小規模事業者の振興を図るための「基本法」制定に向けた検討も進める方針だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月16日第2937号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ