中小へパワハラ対策手引 防止規程例など示す 神奈川県

2013.04.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

多くが“注意喚起”止まり

 神奈川県は、中小企業向けにパワーハラスメント対策マニュアルを作成した。近年、職場のパワハラによる民事訴訟で高額賠償判決が相次ぐなど世間的に関心が高まっているためで、防止規程の作り方や従業員アンケートの実施方法、相談窓口設置の留意点を示している。事前に行った実態調査では、中小企業の8割超がパワハラを経営上の重要課題と認識している一方、取組内容の多くが「会議や朝礼での注意喚起」にとどまるなど、組織的な対策に乗り出せていないのが現状だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年4月22日第2918号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ