事業継続計画 作成指導者50人を育成 中小へ活用呼びかけ 神奈川県

2012.02.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

計画策定1割に満たず

 神奈川県は、BCP(事業継続計画)策定を後押しするため、「BCP作成指導者」を育成するとともに中小企業への積極的な活用を呼びかけている。研修を修了した指導者が同県内の中小企業支援機関を通じ各社の現状に応じたBCPの導入を直接支援する。このほどまとめた実態調査では、BCPを策定済みの企業または策定中の企業は1割未満で、人材・費用の確保やノウハウの不足が大きな障壁となっていることが分かった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年2月20日第2861号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ