海外展開で連携協定 中小へビジネス情報提供 神奈川県

2013.03.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川県は、中小企業の海外展開を支援するため、海外ビジネスのノウハウを持つ有力企業との連携・協力協定を初めて締結した。今年に入って㈱横浜銀行・㈱浜銀総合研究所と現地ビジネス情報の提供や海外進出の相談で協力協定を結んだほか、東京海上日動火災㈱ともリスクマネジメント分野などで同様の協定を結んだ。3月19日に第1回目のセミナー開催を予定している。

 同県によると、近年県内企業の海外進出がアジアを中心に活発化しており、今後中小企業が新興国市場に進出する際の支援体制の整備が急務となっている。海外のビジネス事情に精通した有力企業との連携により、中小企業に情報やノウハウを提供し、海外進出を後押ししたい考えだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月4日第2911号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ