5年間にわたり偽装請負 死亡災害発生し発覚 神奈川労働局

2014.12.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事業停止と改善を命令

 神奈川労働局(水野知親局長)は、同県内で製造業を営むA社へ約5年間にわたって請負契約と称して労働者を派遣し、A社の指揮命令下で働かせていたとして、一般派遣元事業者の英宝総合㈱(同県横浜市鶴見区)に対して1カ月間の事業停止と改善を命令した。昨年、同社労働者が工場内作業道路を通行中、重機に轢かれ死亡する労働災害が発生し、労働基準監督署が捜査するなかで偽装請負が発覚した。同労働局は今後も同様の違反に対して厳しく対応する意向である。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月15日第2997号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ