四重派遣で事業停止命令 「出向」装い受け入れ 派遣元・供給元は24社に 神奈川労働局

2016.03.23 【労働新聞】

 神奈川労働局(若生正之局長)は、多重派遣を行っていた派遣事業主の㈱YSLソリューション(神奈川県横浜市)に対して労働者派遣法に基づく1カ月の事業停止および事業改善を命令した。派遣元・供給元17社から「出向」と称する契約で受け入れた労働者を別のIT企業に供給していた。また、同社に他社から派遣、供給された労働者を送り出していたユナイテッド・ネットワーク㈱(東京都江東区)にも事業改善を命令している。最大「四重派遣」となっており、関与した企業は計24社に及ぶ。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年3月21日第3057号3面

あわせて読みたい

ページトップ