障害者雇用が過去最高更新 43万人超に拡大

2014.12.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 障害者雇用数、実雇用率ともに過去最高を更新したことが、さきごろ厚生労働省がまとめた平成26年障害者雇用状況の集計結果(6月1日時点)で分かった。

 障害者の雇用数は43万1225人で、対前年比5.4%増加、実雇用率は1.82%で、同0.06ポイント上昇している。法定雇用率を達成した企業割合も同2.0ポイント上昇の44.7%となっている。

 なかでも、精神障害者の雇用数の伸び率が大きく、同24.7%増加し、2万7708人に達した。

関連キーワード:
平成26年12月15日第2997号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ