トラック運送業 法違反事業場8割超す 近畿

2014.11.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

改善告示違反も5割 6労働局が合同監督

 近畿2府4県の労働局は、初めて合同で行ったトラック運送事業場に対する一斉監督結果をまとめた。労働法関連の違反を確認した事業場は8割を超え、改善基準告示に違反している事業場も5割以上と高率だった。割増賃金不払いや、最大拘束時間違反などがめだつ。監督対象は労働基準監督署に寄せられた相談のなかで、長時間労働を行っている疑いの強い事業場が中心。今後も随時、長時間労働を訴える相談に対して積極的に対処していく意向である。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月24日第2994号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ