建設業災防対策 元・下請の負担区分明示 国交省

2014.11.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

法令遵守指針を改正 対策費削れば法違反も

 国土交通省は、建設業の労働災害防止対策を徹底するため、元請・下請事業者間の取引ルールを示した建設業法令遵守ガイドラインを改正した。下請に見積りを依頼する元請に対し、各労働災害防止対策の実施者とその経費の負担者の区分を明確化するよう求めている。下請が負担者区分に基づいて対策費を見積書で明示したにもかかわらず、対策費相当を含めない金額で請負契約を締結すれば、建設業法違反の恐れがあると明記した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月24日第2994号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ