外国人受入れで検討会開催 介護人材拡大へ

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、学識経験者や介護関係団体代表などを構成員とする「外国人介護人材受入れの在り方に関する検討会」を初めて開催した。

 技能実習生受入れの方法、国家資格取得者に在留資格が付与された場合の運用方法、経済連携協定のさらなる活用策などについて検討し、年内を目標に結論を出す。「日本再興戦略」では、外国人技能実習制度への介護分野の追加を検討すべきとしている。

平成26年11月10日第2992号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ