緊急措置には反対 外国人の活用で談話 全建総連

2014.05.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全建総連は4月24日、政府が決定した「建設分野における外国人材の活用に係る緊急措置」の件で、「反対を表明せざるを得ない」と述べた書記長談話を発表した。

 政府の決定は、震災復興や東京オリンピック・パラリンピック関連の施設整備に必要な建設人材不足に対応するもので、即戦力となり得る外国人材の活用を、緊急かつ限定的措置として決めたもの。東京五輪が開催される2020年で終了予定となっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月19日第2969号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ