マイナンバーの対応で顧客増も 社労士向けセミナー

2015.09.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 社会保険労務士向けコンサルティングを手掛ける㈱エフアンドエム(大阪府、森中一郎代表取締役)はこのほど、開業社労士を対象に、「マイナンバー制度への対応と実務」をテーマとするセミナーを東京都内で開催した=写真

 講師を務めた「みらい社会保険労務士法人」代表の城敏徳特定社会保険労務士は、マイナンバー制度への対応によって、顧客が増加する社労士と減少する社労士とに「二極化していく」と指摘。「マイナンバー体制をいち早く整えることで、顧客に安心と信頼を与え、新規顧客の囲い込みにもつながるだろう」と強調した。

ジャンル:
平成27年9月21日第3033号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ