年金不安解消へ全面的支援誓う 社労士連合会会長

2015.09.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国社会保険労務士会連合会は、「日本年金機構における不正アクセスによる情報流出事案検証委員会」が報告書をまとめたことを受け、大西健造会長の声明を発表した。厚生労働省および日本年金機構が報告書の提言を踏まえた対応を図り、再発が防止されることを強く望むとしている。

 公的年金の情報流出事案によって国民が強い不安を感じているとも指摘。その不安解消と権利の擁護に向けて、社労士が、受給権者と被保険者への相談対応などの全面的な支援を展開していくとの考えを表明した。

関連キーワード:
平成27年9月14日第3032号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ