開店準備に残業代払わず 農協理事長らを送検

2014.07.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

全店舗の未払い約2億円

 奈良・桜井労働基準監督署(尾形賢一署長)は、時間外に行わせた開店準備や閉店後の片付けに割増賃金を支払っていなかったとして、奈良県農業協同組合(JAならけん)と理事長、総務担当者など合わせて10人を労働基準法第24条(賃金の支払い)、同37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反の容疑で奈良地検に書類送検した。複数の店舗で始業前の掃除や朝礼などを労働時間に含めていなかったもので、過去10回以上にわたって是正勧告を行ってきた。同組合は全店舗に対し調査を実施し、2億円近くを是正して支払っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月21日第2977号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ