技能実習生 通訳が割賃違反を誘導 5法人6人送検に 愛知労働局

2015.03.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

一律1時間500円支給 食料品製造業

 愛知労働局(藤澤勝博局長)は、技能実習生に対して時間外・休日労働の割増賃金を所定日に支払わなかったとして食料品製造業者5社と監理団体から委託され通訳などを行っていた男性などの計5法人6人を労働基準法第37条(時間外、休日の割増賃金)違反の容疑で名古屋地検に書類送検した。通訳の男性が事業場と共謀し、実習生の割増賃金額を一律に1時間500円としていた。平成22年の入管法改正以後、一貫して違法な状態が継続していた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月9日第3008号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ