情報サービス産業協会 テレワーク導入でガイドライン

2015.07.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

働き方変革を推進へ 過重労働発生に注意も

 一般社団法人情報サービス産業協会(横塚裕志会長)は、同産業においてITを活用した時間と場所の制約がない働き方を推進するため、企業におけるテレワークの導入手順を示した手引書「ユビキタスワークスタイル(働き方)変革実践ガイドライン」をまとめた。テレワークの導入状況を4段階にレベル分けし、各レベルに応じた取組みを明らかにしている。未導入企業が一部の部署・業務での導入をめざすレベルにおいては、テレワークによる執務時間の決定に当たり、「働きすぎ」の防止に向けた配慮が必要としている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年7月20日第3025号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ